トクチョーは、ログ監視・データ保全・フォレンジック調査などの情報漏洩リスク対策をご提供致します。

TOKUCHO 株式会社トクチョー
ホーム > サービス > 情報漏洩リスク対策
情報漏洩リスク対策

情報漏洩リスク対策イメージ

情報漏洩リスク対策イメージ

①『PC操作監視』
  ログ監視ソフトにより、マーキングしたPCを日々監視。
  情報漏洩に関わる動きをいち早く察知します。

②『退職社員PC保全サービス』
  退職社員のPC内部データを保全します。
  ※データに証拠能力を持たせるためにはまず専門家による「保全」が必要になります。
  社員が退職した場合、将来の機密情報漏洩のリスクに備えます。

③『フォレンジック調査』
  万が一、情報漏洩等の問題が発生した場合、PC内部のデータを復元・分析し、
  不正の証拠を探し出すフォレンジック調査を実施いたします。

④『特殊調査(人物調査等)・行動監視調査』
  不正の疑いのある人物について、「フォレンジック調査」と合わせて
  行動監視や背後関係等の特殊調査を実施し、証拠を掴みます。

ログ監視サービス

「ログ監視サービス」には、下記のような項目を確認出来る主要機能がございます。

1.Webアクセス状況監視
2.外部記憶媒体利用状況監視
3.メール利用状況監視
4.プリンタ利用状況監視
5.電源オンオフレポート
6.アラート機能

※また、オプションによる各種制御機能もございます。

WEBサイトアクセス一覧

コピーファイル一覧

プリントファイル一覧

フォレンジック関連サービス

※フォレンジック関連サービスは、ソリトンシステムズグループの株式会社Ji2(本社:東京都新宿区、代表取締役 CEO:藤澤哲雄)と正式に業務提携し、より質の高いサービスをご提供してまいります。
http://www.ji2.co.jp/News/PDF/2015/201504-Tokucho.pdf

データ保全サービス『退職社員PC保全サービス』
元社員が、退職後、会社の取引先情報等を悪用するケースが多発しています。
社員が使用していたPCには様々な行動を裏付ける証拠が詰まっています。
※データに証拠能力を持たせるためにはまず専門家による「保全」が必要になります。
そこで、退職者のPCデータを保全し、将来の問題に備えます。
また、保全を事前に告知することにより、情報漏洩の抑止力になります。

フォレンジック調査『フォレンジック調査』
情報漏洩等の問題が発生した場合は、法廷での訴訟を前提にその証拠固めをする必要があります。
フォレンジック調査は、PC内に隠された証拠を探し出す調査です。

消されたデータがある場合はまず、データを復元。
データの中に残された痕跡を解析し、証拠を見つけ出します。

PAGE TOP