トクチョーからお届けしているメールマガジンの2011年7月8日発行 第3号です

TOKUCHO 株式会社トクチョー
ホーム > メールマガジン > 2011年7月8日発行 第3号

トクチョー メールマガジン

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
トクチョーメールマガジン
    <平成23年7月8日発行 第3号>
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

暑中お見舞い申し上げます。
いつもお世話になっております。
株式会社トクチョーでございます

梅雨明け前からの暑さに節電も重なり、クールビズが当たり前となりました。
被災地で頑張っていらっしゃる方々を思えば、暑さは何のことはなく、調査を提供できる環境に感謝したいと思っております。

トクチョーメールマガジン平成23年7月8日号をお届けします。

―――――――――――――♪♪今月のトピック♪♪―――――――――――――――

■労務関連〜非正規労働者の労働組合加入状況について〜

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 近年、「労働組合組織率」(全労働者に占める労働組合員の比率)が低下傾向にあり、第二次世界大戦直後は労働組織率が60%以上に達していたのが、厚労省の「H22年度労働組合基礎調査」によると、推定組織率は18.5%にまで下落するに至っています。

その一因として指摘されているのが、非正規労働者の増加です。
「非正規労働者」とは、いわゆるパート、アルバイト、契約社員、派遣社員と呼ばれる労働者ですが、現在、労働者の3人に1人超が非正規労働者であり、10代後半の非正規雇用率は約7割とされています。

その非正規労働者の拡大に伴い賃金や契約等について苦情やトラブルが増加しており、それらの問題に対処すべく、連合は2007年10月に「非正規労働センター」を 設立し、非正規労働者の労働条件の改善や諸制度見直し等に向けた取り組みが行われています。

その中で、派遣労働者については、派遣先組合への加入促進や、間接雇用から直接雇用への切り替え、正社員登用制度の導入、福利厚生サービスの提供や、ヒアリングや非公開ブログを活用した実態把握・労働相談対応等の取り組みを奨励し、また派遣元においては、労働組合の結成、派遣労働者の労働条件改善の取り組みを推進しています。

ご承知のように、従業員が所属している企業を問わず、個人単位で加盟できる労働組合のことを「ユニオン」または「合同労組」といいますが、近年、派遣元において「派遣労働者専門のユニオン」が設立されているケースが多々見受けられます。

連合傘下のUIゼンセン同盟では、人材・サービス業界で働く派遣社員を対象に、「人材サービスゼネラルユニオン(JSGU)」を2004年5月に結成し、現在、186拠点、13,800名(派遣・請負社員65%、内勤5%)の組織化を実現しています。
また、通信業界・情報サービス業界の産別労組である情報労連(240組合22万人)では「新たな仲間づくり」として、派遣社員の為の「ユニオンほほえみ」(2007年12月設立)を組織化しました。

その他「派遣添乗員労組」や「運転者労働組合」などさまざなフィールドで派遣社員の組織化がなされています。
しかし、ナショナルセンターの思惑どおりに事が運んでいるかといえば必ずしもそうではなく、派遣社員個々の労働意識はバラバラで、統一性は必ずしも保たれていないのが実情です。派遣社員の組織率の低迷にその意識格差が主因ともいえるでしょう。
ただ、派遣社員の中には、個人で苦情や相談を前述のユニオンに持ち込み、ユニオンが派遣社員に代わって会社と交渉を行ったり、また、エスカレートすると街宣活動が行われたりして企業イメージを損ねるケースも散見されています。
労務管理が企業の最重要課題の一つであることに変わりはないようです。
 

★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆編集後記◆
昨日は七夕。
営業訪問先のビルでいくつか笹飾りを見かけました。
その中で「わたし再生、日本再生」という短冊を見つけました。
今年の七夕は思いもひとしおかもしません。

皆様のおひとりおひとりの願いが叶いますように。
 
★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆発行元:株式会社トクチョー
       東京都千代田区神田駿河台3-2-1新御茶ノ水アーバントリニティ6階   
       東京都弁護士協同組合特約店
       神奈川県弁護士協同組合特約店
       愛知県弁護士協同組合特約店
       福岡県弁護士協同組合特約店
       京都弁護士協同組合特約店
 
TEL: 03-5207-3811 FAX : 03-5207-3990

戻る

PAGE TOP